清潔で安全なユニフォーム&リネンを定期的に日本全国のお客様にお届けします。 会社概要 Company

トップページ > 会社概要 > 社長挨拶

社長挨拶

供給サイドに立つのではなく、あくまでお客様第一で”ウォンツ”を考える

1959年当社は、“環境にやさしい”時代の到来を予測し産業用のタオルトップメーカー、米国KEX社の業務協力を得て、我国で最初にリサイクルタイプ「ワイピングタオル」のリネンサプライに取り組みました。こうして開発された新商品に、ノウハウを与えてくれた「KEX社」と従来の使用商品「ウエス」に因んで、“WEX”とネーミングし、新社名を「日本ウエックス株式会社」といたしました。

それぞれに多様化・複合化を続けながら、大きく移りゆく企業社会…厳しい国際競争の中で、ベストな効率を望むビジネスの側面もまた、その需要のかたちを変えました。

ウエックスは、そんな時代のニーズをいち早くキャッチし、画期的名サービスを発想いたしました。一つの会社のインプレッションを決定づける、大切なユニフォームやリネン―オフィス・工場で、そしてホテル・レストランで…それらは長い間、大量に一括購入されることが常識でした。「所有する」という、その状態を「使いすて」ではなく「くりかえして使用するだけ」に変える―つまり、定期的デリバリー・クリーニング(メンテナンス付)でレンタルするシステムを提案したのです。

業種を限定することなく、できるだけ多くの企業の方々に、この合理性をお伝えしたいと考え、ゴルフ場・スポーツクラブ・健康ランドなどと、さまざまな施設や産業界にご利用をおすすめし、ご奉仕してまいりました我社は、製品そのものとサービスの質によって、ご好評・ご信頼をいただき、お陰さまで業界の一翼を担うところまで成長いたしました。

供給サイドに立つのではなく、あくまでお客様第一で“ウォンツ”を考える―私たちは常に、その出発点に回帰しながら今日も、明日も「快適」をお届けしつづけます。

代表取締役社長
廣瀬 太郎